アニメが好きで子供の頃からよく観ていたのですが、最初に就いた職は全く別の業種で、アニメーターになろうとは思っていませんでした。就職してからはあまりアニメを観ることが無くなっていましたが、仕事に限界を感じていた時に観た「天元突破グレンラガン」に感動し、アニメーションに携わる仕事がしたいと思うようになりました。それから専門学校に入り直し、学校の授業で3DCGアニメーションを本格的に勉強し、アニメーターとして就職することとなりました。


入社当初より遊技機で使われる3Dアニメーション演出を作っています。また最近はゲームのアニメーション制作も行っています。作画する2Dアニメーションと違って3DCGを扱うさまざまなメディアでの仕事に携われ、その都度新しい知識を学べるので、クリエイターとしての成長を日々感じています。


学生時代は学校にあるソフトを扱えるようになれば問題ありませんでしたが、様々な案件に対応するためいろいろなソフトを使えるように、それこそ学生時代以上に勉強しました。また、仕事をこなしていくと「何が良いモノなのか」の審美眼が養われてくるので、自ずと3DCGを作る上でのセンスも成長したように思います。今後も新しいソフトや表現方法を学んでいくとは思いますが、日々より良いモノを作れるように励んでいきたいです。


ある程度の技術は必要かもしれませんが、結局、クリエイターとして必要なのは如何に情熱を持って仕事に取り組めるかどうかだと思います。DSはその人のやる気をしっかり見てくれる会社だと思います。自分も自分なりの情熱をアピールした結果入社することが出来ました。例え技術に自信が無くても、入社して何がしたいか、どんなクリエイターになりたいか、熱い思いを持ってアピールすれば自然と良い結果に繋がると思います。

募集要項・選考はこちら

会社情報
会社概要
メッセージ
社長メッセージ
人事メッセージ
仕事のこと
作品紹介
業務内容説明
制作・開発実績
働く環境
オフィス環境
評価制度
研修制度
社内行事
スタッフ
アートディレクター(1)
アートディレクター(2)
プランナー
3DCGアニメーター
コンポジッター(1)
コンポジッター(2)
プログラマー
募集要項と職種
募集要項・選考
プランナー
絵コンテ
2DCGデザイナー
3DCGデザイナー
3DCGアニメーター
コンポジッター
プログラマー
よくある質問
Q&A